今話題になっている占いのジャンルは?

人との会話のネタにもなるかも?普段使いのできる占いのジャンルを確認しましょう!

動物占いは長年愛されている占いの1つ

占いのイメージは一人ひとりで異なるでしょうが、タロットや手相、数秘術のような専門的な占いであれば、少なからずスキルが要ります。それにより、難しいと捉えて拒否反応を抱く人もいるかもしれません。しかし、日頃の生活場面でも使える占いは複数あり、コミュニケーションツールにもなり得ます。

動物占いであれば、早見表で生まれた年と月から該当する数字を選びます。そして、自分の産まれた日を足して60種類の対応表から自分の動物キャラクターを選びます。なお、足して61以上の場合は、60を引いてください。血液型占いであれば、ABOの血液型を使用して大まかな個人の性格や気質を判断します。人々の血液型は4種類だけですが、血液型占いの診断が当たっていると言う人は多いです。毎日、地上波で放送されている朝の情報番組で、星座占いのコーナーがあります。占い師が鑑定を基に、ラッキーアイテムや日々の生活で注意すべきことを伝えており、生活を送るうえで活用している人も多いでしょう。

これらが当たっていたり注意すべきだと信じてしまうのは、バーナム効果が発揮しているためです。なぜなら、誰もが該当するような結果に対し、自分にも当てはまると思い込んでしまうのが大きな理由です。

また、人との会話のネタや緊張を解すための目的でも活用できます。うまく使いこなせると、コミュニケーション能力アップに繋がるかもしれません。日々の生活でネガティブ思考の人やコミュニケーションのレパートリーを増やしたい人は、各種参考にするのをおすすめします。

占いには様々な種類があるので上手く活用すれば生活場面で使える

生年月日を基に数字を出して、自分の動物キャラクターを見つける動物占いは人気がある占いの1つです。一昔前には、動物占いの本が流行していたほどです。本が無くても、動物占いのWEBサイトでも診断ができます。具体的に紹介するので、生活の豆知識として使うのも良いでしょう。

血液型占いはコミュニケーションツールになり得る?

人々には4種類の血液型がありますが、それを占いで活用する人はいます。科学的な根拠はないですが、会話のネタとして使用する人は少なくありません。一方、心理学用語でステレオタイプがあり、それにより型にはめて物事を見てしまうことにもなりかねません。そこで、上手に活用するためのポイントを紹介します。

テレビや雑誌で長年紹介されている星座占い

誕生日に合わせて12の星座がありますが、朝の情報番組や雑誌の占いコーナーとして使用している場合があります。各種星座ごとのランキングをつけたうえでラッキーアイテムなどを紹介しており、生活を送る際に参考にする人もいるでしょう。会話のネタに繋がるよう、今回は星座占いの活用方法だけでなく豆知識も紹介します。