所得税の金額を安くしたい

>

どうすれば良いのか調べよう

基礎控除とは何か調べよう

控除の情報を調べると、複数の種類があることに気付きます。
ほとんどの控除は、適応される人が決まっています。
条件に当てはまっていない人は、残念ながら申請できません。
所得税を安くしたい場合は、自分に適応される控除を把握する必要があります。
数ある控除の中でも、条件が決まっていないものが基礎控除になります。

上限が38万円と決まっていて、所得から引かれます。
他の控除に条件が当てはまらなくても、基礎控除を適応させれば少しは安い金額になります。
必ず申請してください。
また、他の控除と組み合わせることもできます。
基礎控除だけでは上限が38万円なので、少ないと感じるかもしれません。
しかし組み合わせることで、もっと安くできます。

医療控除の仕組みを知ろう

医療控除は、1年で医療費が10万円を越えた人が申請できます。
誰でも」、10万円は簡単に超えることができるでしょう。
身体が丈夫な人は、なかなか越えられないかもしれません、
ですが医療控除のメリットは、家族全員の医療費を合計して良いという部分です。
1人の医療費は少なくても、家族全員を合計すれば10万円を越えるでしょう。

さらに、適応されるのは診察費だけではありません。
薬を処方してもらった場合は、薬代も適応されます。
さらに病院まで行った交通費も追加して良いので、誰でも医療控除は誰でも適応できると言われています。
注意する部分は、治療のために病院を使った時のみに適応されることです。
人間ドックなどの健康診断は、対象になりません。


TOPへ戻る