所得税の金額を安くしたい

>

保険に加入して控除を受ける

生命保険を活用しよう

生命保険に入っている人は、所得税が控除されることを覚えておきましょう。
いつ生命保険に入ったかによって、控除される金額が変わります。
平成24年の1月1日より後に契約した場合は、支払った金額が8万円を越えると所得税から4万円が控除されます。
それよりも前に生命保険の契約をした場合は、保険料が10万円を越えると5万円が控除される仕組みになっています。

生命保険に加入すると、所得税が控除されるだけではありません。
ケガをした時や病気になった時、治療費を負担してくれるメリットがあります。
いつ病院で治療を受けることになるか分かりません。
万が一の事態に備えて、生命保険に加入しておくことをおすすめします。
全額で治療費を支払うのは、大変です。

地震のための保険がある

日本は、地震が多い国だと言われています。
大きな地震が起こると、建物が崩壊するなどの心配があります。
自分が暮らしている住宅が壊れたら、急いで修理しなくてはいけません。
崩壊している住宅では、安全な生活を送れなくなります。
しかし広い範囲にわたって壊れている場合は、修理費用が高額になります。
地震保険に加入していれば、地震が起こって住宅が崩壊した時にお金を受け取れます。
そのお金を使えば、修理しても経済的な負担には感じないでしょう。

地震保険に加入することで、最大5万円が控除されます。
万が一の事態に備えて、加入することをおすすめします。
自分は絶対に大丈夫だと、油断しないでください。
地震などの自然災害は、いつ訪れるか分かりません。


TOPへ戻る