所得税の金額を安くしたい

>

条件に当てはまる人とは

身体を動かすのが不自由な人

生まれつきや事故や病気の影響で、身体を動かすのが困難な人が見られます。
普通に働くことができないので、特殊な仕事をしていると思います。
すると、収入が一般の人より少なくなるでしょう。
それなのに一般の人と同じぐらいの所得税を支払うと、自分が生活を送る時に必要になるお金が無くなってしまいます。
身体を動かすのが難しい人のために、障害者控除があります。

国から障害者だと認められている人は、最大で27万円が控除されます。
特別障害者というカテゴリーに属する人は、40万円が控除される仕組みになっています。
控除されれば、しっかり所得税を納めて生活費も確保できるでしょう。
自分が何に属するのか、前もって調べておきましょう。

女性に適応される控除がある

離婚したり、夫が先に亡くなって1人になったりした女性は特別な控除を受けることができます。
それが寡婦控除と呼ばれるものです。
最大で27万円が控除されますが、所得税を納めるのがかなり難しいと判断されると、特別寡婦控除を受けられます。
すると最大で、35万円が控除されます。

これまで夫に収入を稼いでもらっていた女性は、1人で生きていくことになると自分で収入を得て生活を送らなければいけません。
まだ女性は働きにくい環境なので、このような控除が用意されています。
収入を得られても、所得税が高額では生活を送ることができません。
寡婦控除を知って、経済的な負担を減らしましょう。
人の状況によって、どのくらい控除されるか変わります。


TOPへ戻る