人との会話のネタにもなるかも?普段使いのできる占いのジャンルを確認しましょう!

>

占いには様々な種類があるので上手く活用すれば生活場面で使える

動物占いをより詳しく

動物占いは、本やウェブサイトから診断できる占いの1つです。中国占術である四中推命を土台にして、その12運を動物に当てはめて個人のパーソナリティーを分類する診断方法となります。なお、占いが当たる確率は、統計学の結果でも検証されているようです。

また、12の動物を4つのグループに分けて、動物の気質を分けています。太陽と地球であれば自分の考え、新月や満月なら相手の考えを優先します。また、太陽と新月は状況対応型、満月と地球は目的志向型に分けています。状況対応型であればその場面合わせて柔軟な考えができる一方、詰めが甘い傾向にあります。目的志向型なら目標が見つかればそれに向かって進みますが、融通が利かないかもしれません。

動物占いによる性格や相性診断は、恋愛や仕事をするうえで参考になる情報が多いかもしれません。

動物占いの豆知識

動物占いには4つのグループに分類されていますが、凡そのタイプについて確認しましょう。

太陽であれば、人から注目を浴びるのを好み、根本的に明るい性格の人が多いようです。地球なら仕事や生活での無駄を嫌い、何事も負けず嫌いな面があります。満月は計画的に物事を進めるのを好みますが、相手に合わせるなどで中途半端に終わる可能性もあります。新月であれば、人に愛されたり高い評価を受けることにより力を発揮しやすくなります。さりげなく人の懐に入るのが上手な人は多いかもしれません。

とはいえ、動物占いを参考にして恋愛や仕事で活用するのも良いですが、捉われすぎると十分な動きが出来なくなりかねません。たとえ診断された動物同士の相性が悪くても、上手くいっているケースは多いです。あくまで情報は参考程度として、自分の思うように動くと多くのことを得られるでしょう。


この記事をシェアする